2015年10月

2015年10月13日

兄弟を仲良くさせるには(2)

昨日、兄弟を仲良くさせるにはということで書いてみました。

1.それぞれをたっぷり可愛がってやること
2.それぞれの良いところを見つけて褒めること
3.兄弟が仲良くしていることを喜ぶこと

これが、大きく3つ、私の考える兄弟を仲良くさせるコツなのですが、
ここで一番大切なのはやはり1番の『それぞれをたっぷり可愛がってやること』だと思います。

ママ友などと話をしているとよく聞くのが『下の子ってほんと可愛い!でも、上は生意気ばっかり言って可愛いと思えない』という言葉です。

かくいう私も、下はずっと上より小さいのでつい下の子ばかり可愛がりがちになってしまいます。
ですが、これではよくありません。

下の子の方が可愛いと思ってしまうのならば、なおさら時間を取って上の子を構ってあげてください。ハグしてやってください。これが、兄弟を仲良くさせるのに根本的に必要な態度だと思います。

上の子が下の子をいじめるというのは、自分から親を取った仕返しをしている、ということがあると思います。だから、『どうしていじわるするの!』という前に、上の子を構ってやってください。話を聞いてあげてください。

自分が満たされれば人にも優しくできます。弟、妹にも優しくできるようになるでしょう。


親が、ちゃんと大人になって、子供に公平に接する、ということが大事です。
そして、それをするためには、まずはリラックス!

自分を大事にしましょう。そして、余裕を持って子育てしたいものですね!

marikoot at 13:32|PermalinkComments(0)子育てのヒント 

2015年10月12日

兄弟を仲良くさせるには

私には小学生の娘と幼稚園児の息子がおります。
一姫二太郎なので元々育てやすい順番ではあるのですが、
それでも、うちの子供たちは仲が良い方だと思います。

大して長いこと育てているわけではないのですが、そのコツは、大きく3つあると思っています。

1.それぞれをたっぷり可愛がってやること
2.それぞれの良いところを見つけて褒めること
3.兄弟が仲良くしていることを喜ぶこと

あとは、子供が他の兄弟にやさしくしているところをみたら、それもすかさず褒めます。
そうすると正の循環が起き、子供たちは仲良くすごせます。


もちろん、たまにはけんかすることもありますね。
そういうときには基本的には放っておきます。
すごく乱暴なことをしたら叱りますが、仲裁はあまりしません。
また、親に訴えてきたら聞いてやりますが、結構それだけで済むのでそうかそうかと聞いてやります。


えらそうに書いてみましたが、私も子育ては模索中です。
ただ、やっぱりお母さんの愛ってすごいんです。
お母さんがにこにこと見つめてあげるだけで、子供もにこにこしてくるものです。

なので、いの一番に重要なことは、お母さんがリラックスして
楽しんでいることかもしれませんね!
旦那さんがいくら忙しくても、お母さんはのんびりする時間を取りましょう。
それが、みんなが平和になれるコツですね(^_-)-☆

marikoot at 16:43|PermalinkComments(0)子育てのヒント 

植物で発電!

ちょっと前の情報ですが、フリーエネルギー装置が世界中で開発されてきているという情報です。

世界中で、フリーエネルギー技術が噴出している・・・!
http://blog.goo.ne.jp/tumuzikaze2/e/ae6532cca861d91400a7df9bf72cceb5

中でも注目なのが、植物から電気を取り出せるというものです。
植物は光合成をしているが、その70%を捨てているのですって。
そのエネルギーを取り出すことに成功した、ということなのですが、
『70%も捨てている』というのが不思議ではないですか?
こちらの方も書いていらっしゃいますが、私も、まさに『このエネルギーを使って!』と
植物が言っているんじゃないかと思います。

自然界の愛を感じますね。

人間も、自然を大事にしなければいけません。
地球に感謝しましょう。

marikoot at 16:20|PermalinkComments(0)日記 
livedoor プロフィール
ギャラリー