2015年12月08日

お母さんがゆとりを持つ

いつも読んでいたでだきありがとうございます。

もう12月も一週間終わってしまいました。
早いものですね。

私はこのあいだ、子供の風邪がうつったのか熱が出まして、微熱だったので子供を送り出したり迎えに行ったりするのはやっていたのですが、送り出して帰ってきたら布団に直行、ということをやっていました。

そのときに気づいたこと。

お母さんがゆとりを持って生活するのって大事だなあ。


その前から予定が立て込んでいていて忙しかったのもあるし、私、人一倍気を使ってしまうので、知恵熱が出るほど考え込んでしまうことがあるんですよね。
それを先日やってしまって、案の定熱が出てしまいました。


考えすぎって本当によくないです。
みなさんも気を付けてください。
まさに、病は気から、です!


そして、病気になると自分が大変、ということもありますが、そういうことでなくても、毎日忙しくてイライラしていると、家族全体が雰囲気が悪くなりますね。
お母さんの仕事は確かに多い。
でも、自分が疲れてエネルギーが枯渇するのほど頑張るのはやめた方がいいです。

夫が深夜まで仕事をしていても、それはそっちの問題なので、こちらはゆったりする時間を持ちましょう。好きな音楽を聞いてダラッとしたり、趣味のことをやったり。


そういうことに時間を取ることを悪く思ってしまうお母さんって多いと思います。
でも、余裕のない人に、ゆったりした子供が育てられるでしょうか?
忙しくてバタバタして子供に当たるくらいなら、ちょっとくらいだらしなくても、一緒にのんびりしてくれるお母さんの方が子供も気楽だと思いますし、お父さんものんびりしやすいのではないでしょうか。


ゆっくりするって案外難しいものです。
私たち、やらなくちゃいけないことを一生懸命頭で考えてしまいがちなので。

でも、ちょっと、気を付けてのんびりしてみてください。
新しい何かが発見できるかもしれませんよ!

marikoot at 13:46│Comments(0)生き方のヒント 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー