2015年12月17日

可愛がってあげてください

いつもお読みいただきありがとうございます。


みなさん、子供を可愛がって育てているでしょうか?

『甘やかす』、ということと『可愛がる』、ということは違います。
甘やかすのは確かに良くないのですが、可愛がるのはとても大切なことなんです。
それは、親の愛を子供に伝える、ということだからです。


子供を甘やかしてはいけないと思い、一生懸命厳しくしているお母さんがいます。
子供が何をやっても認めずに、まだ足りない、まだ足りない、と言う。
できていないところばかりを指摘する。
他の子ばかり褒める。
そして、子供を見る目すらも、初めから怒っているのです。
それでは子供が明るい子になるはずがありません。

優しい子供になって欲しいのであれば、きちんと構ってあげてください。
愛情を注いで、可愛がってあげてください。
子供はお母さんが大好きなのです。たくさんたくさん可愛がって欲しいのです。


では具体的にどうすることが『可愛がる』ことになるのでしょうか。


それはとても簡単なことなんです。

『大好きだよ!』と言ってあげてください。『○○ちゃんはお母さんの宝物だよ!』と言ってハグしてあげてください。

お母さんがそう言って嬉しそうに子供を抱きしめてあげると、子供は本当に幸せそうな顔をします。お母さんにとって自分が大切な存在であると実感できます。

そういう時間を増やしてあげましょう。

子供が面白いことをやったら一緒に面白がって、一緒に笑う、楽しむ、というのもとてもよいことです。
また、子供が何かよいことをしたら褒めて、できることが増えたら一緒に喜んであげましょう。
すごいね!すごいね!!と子供の成長を喜ぶと、子供はどんどんヤル気になって次のステップへ進むことができます。

それが、可愛がって育てる、ということです。


子供は宝物なんです。
慈しんで、可愛がって、親も笑顔で育てていきましょう!

marikoot at 13:48│Comments(0)子育てのヒント 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー